00:41 2017年04月27日
東京+ 17°C
モスクワ+ 19°C
    野党の政治家ゾラン・ザエフ氏

    マケドニアで革命の恐れ?

    © REUTERS/ Ognen Teofilovski
    欧州
    短縮 URL
    0 135771

    マケドニアの首都スコピエの政府庁舎近くの野営で、マケドニア野党の支持者数十人が夜を過ごした。リア・ノーヴォスチ通信の特派員が現地から伝えた。

    警察はデモ隊がいる並木道を車両通行止めにしたのみで、野営の活動には干渉していない。

    17日、マケドニアの野党はスコピエ中心部にある政府庁舎近くで、同国のグルエフスキー首相の辞任を求める大規模な集会を開いた。

    集会の後、野党の政治家ゾラン・ザエフ氏は、内閣が総辞職するまで無期限の運動を行うと発表した。

    現在、活動家たちは野営の清掃をし、食料品を購入するために店舗に足を運んでおり、解散する様子はない。

    グルエフスキー首相は9年間首相を務めている。マケドニアの経済状況は芳しくなく、失業率は28パーセントで、約45万人(5分の1)の国民が、よりより生活を求めて別の欧州諸国に去った。

    マケドニアは欧州で最も貧しい国の一つと考えられている。マケドニアより状況が悪いのは、隣国のアルバニアのみ。

    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, マケドニア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント