03:21 2018年07月23日
ノルウェーのオスロ近郊のランギョイア島

オスロ近郊に放射性廃棄物が投機される

© 写真: Davide Gorla
欧州
短縮 URL
108

ノルウェー政府はオスロ近郊のランギョイア島に1.2トンの放射性廃棄物を投機することを決めた。汚染物質の海洋流出が懸念され、専門家らは危惧を募らせている。

専門家らの声を受け、政府はスウェーデンの国防研究機関から専門家を呼び寄せ、計画を推進した。Localが伝えた。

問題の場所は石灰岩の採石場であり、22年間にわたり危険な非有機ゴミが保管されている。今後数年で満杯になる可能性がある。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント