06:25 2019年11月18日
ドイツ チャドルを着用したメルケル首相の映像をめぐり非難轟々

ドイツ チャドルを着用したメルケル首相の映像をめぐり非難轟々

© 写真 : ARD
欧州
短縮 URL
250
でフォローする

ドイツのテレビ局ADRは、チャドルを着用したメルケル首相の姿を放映したが、それを見た視聴者が、反イスラム主義だとテレビ局を非難する騒ぎとなった。BBCが伝えた。

チャドルを着たメルケル首相の姿は、難民問題を討議した番組「Bericht aus Berlin」の中で背景として用いられたものだった。

これを見た人達は、メルケル首相の姿は、反イスラム運動「ペギーダ(PEGIDA-西欧のイスラム化に反対する愛国的欧州人を意味するドイツ語の省略形))が使っている写真を思い起こさせると批判した。その一方で、テレビ局の行動には何も非難されるべきところはないと考える人達もいた。

なおTV局側は「ああした写真を使ったのは、人々の注意を惹きつけるためだった」と強調し、向けられた非難を斥けた。

TVが出した声明の中では「ベルリンからの昨日のレポルタージュをめぐる多くの批判を、我々は歓迎するものだが、皆さんが皆、メルケル首相の姿を受入れたわけではなく、時に正しく理解して下さらなかったことを残念に思う」と述べられている。

タグ
欧州, 移民, アンゲラ・メルケル, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント