21:29 2018年11月19日
スウェーデン、難民収容施設でまた火災

スウェーデン、難民収容施設でまた火災

© AP Photo / Darko Vojinovic
欧州
短縮 URL
223

スウェーデン南部のオデリュンガで22日にかけての深夜、難民収容施設に使用されていた住居が火災にあった。今のところの情報では火災は放火によるものとされている。スウェーデンのマスコミが報じた。

地元の救助サービス、公共課のダニエル・シレンショ代表はスウェーデンのSVTテレビからのインタビューに対し、「この国で今まで起きていることを考慮し、窓は割られていることから判断すると、これもまた放火の疑いが濃い」と語った。火は迅速に消し止められ、怪我人も出なかった。

スウェーデンではここ数ヶ月間に同様の事件が続いて発生しており、この1週間だけでもすでに2度の放火事件が起きている。

スウェーデン移民庁は今年数ヶ月間で9万5千人を越える移民を難民として受け入れた。スウェーデンに到達する難民数は10万人を超える恐れがある。

関連:

スウェーデン、一週間で難民受け入れ施設3か所に火事被害
スウェーデン、難民キャンプが炎上
スウェーデンの難民はテントで冬を越す
スウェーデンの町に「スウェーデン<3ISIS]の落書きが登場
タグ
移民, スウェーデン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント