23:46 2017年11月22日
東京+ 7°C
モスクワ-1°C
    ポーランド 物理の授業で「いかだから何人のシリア難民を突き落とすべきか?」という問題が出される

    ポーランド 物理の授業で「いかだから何人のシリア難民を突き落とすべきか?」という問題が出される

    © AP Photo/ Alexander Zemlianichenko
    欧州
    短縮 URL
    2675320

    ポーランドのビアウィストックの中学校で、物理の授業で出された問題の内容をめぐりスキャンダルが勃発した。

    物理の教師は、14歳の学生たちに、シリア難民が乗ったいかだが転覆することなく無事にギリシャの岸辺に着くためには、いかだから何人の難民を突き落とすべきか?という問題を出した。
    この問題では、いかだの大きさは、長さ1メートル、幅2メートル、厚さ20センチとされ、難民1人あたりの平均体重は60キロで計算するよう指示が出された。

    1人の学生の母親が、この冒涜的な問題が書かれているノートの写真をフェイスブックに投稿した。母親は、「学校とういものは、寛容と相互理解を教える場所だと思っていた」とコメントし、この問題を、「自分だけでなく、他の教師たちの評判も落とした自制心のない1人の物理の教師には、今後どのような結果が待ち受けているか?」という問題に変えるよう提案した。

    興味深いことに、この物理の教師はこの学校ですでに3年間教員として務めており、学校の指導部からは非常に高い評価を受けていたほか、教育へのクリエイティブなアプローチに対して「今年の最優秀教師賞」のような賞の候補にも何度かあがっているという。

    この教師が何らかの処罰を受けることになるのかは今のところ不明だが、学生の親たちはすでに物理の教師の解雇を求めたという。

    関連:

    スウェーデン 難民問題解決のため一時的に国境検問を導入
    ギリシャ外相:難民30万人が欧州に向かっている
    シリアのホムス市、難民移送センターがテロリストらに破壊
    「欧州の静かな崩壊」:オーストリア首相 難民が原因でEU破滅の可能性がある
    スウェーデン、難民収容施設でまた火災
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント