00:03 2020年12月01日
欧州
短縮 URL
ウクライナ危機 (347)
0 013
でフォローする

OSCEの特別ウクライナ監視使節は臨時報告書で、コミンテルノヴォ地区で特別監視使節警備が被弾した一件について報告した。

「OSCEの特別ウクライナ監視使節は27日11時20分、コミンテルノヴォ地区で、銃火器が使用された一件を確認した。特別監視使節警備付近が被弾し、痕跡の分析が行われた。スタッフは全員無事で、OSCEの車も無傷だ」。日曜、OSCEの特別ウクライナ監視使節が発表した。

「特別監視使節司令部は即座に退去を余儀なくされ、ドネツク管理下の基地に帰還した。今日このあと臨時報告書が発表され、そこで詳しい情報が発表される」とのことだった。

ドネツクの防衛担当機関次長エドゥアルド・バスリン氏は先に、OSCE特別監視使節とドンバス停戦調整管理合同センターからなる調査グループとともにコミンテルノヴォ地区にいた際に被弾した、と述べた。しかし負傷者は出ていない。

2014年2月のキエフにおける軍事クーデター後、ウクライナは混乱を極め、内戦状態に入った。経済は壊滅し、政治危機が深刻化している。

トピック
ウクライナ危機 (347)

関連:

OSCEのウクライナ東部ミッションに日本人が初参加
OSCE「ウクライナの民族主義者達はキエフ当局に従わない」
OSCE監視団 ドンバス紛争における「第三の勢力」の存在を指摘
OSCE監視団、シロキノ村でウクライナ軍の迫撃砲発射225件を観測
タグ
OSCE, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント