06:31 2020年08月10日
欧州
短縮 URL
101
でフォローする

エストニアでは節水の広告キャンペーンがスタート。ラトビアのニュースポータル「ミックスニュース」の報道によれば、国は小便の場合はトイレを使わず、シャワールームで用を足すよう呼びかけている。こうすることで各国民は年間最高で3000リットルの節水が図れる。

「ミックスニュース」の指摘では、この節水キャンペーンはエストニア社会に激しい批判の嵐を巻き起こしており、多くの著名人がこれに注目する発言を行なっている。

「ミックスニュース」によれば、トイレで小用の流水を節水するキャンペーンが行なわれた例は今回が初めてではない。2009年、ブラジルでも環境保護に取り組む企業SOSマタ・アトランティカが節水キャンペーン用に数本のビデオアニメを作成した。ビデオでは様々な主人公が楽しい音楽をBGMにシャワールームでおしっこをしており、最後は「シャワーでおしっこをして、熱帯雨林を救おう!」の呼びかけで終わっている。

タグ
エストニア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント