23:05 2017年03月24日
東京+ 6°C
モスクワ+ 8°C
    英国当局 低所得が原因でイタリア人からロシア人妻を奪う

    英国当局 低所得が原因でイタリア人からロシア人妻を奪う

    © Fotolia/ Gourmetphotography
    欧州
    短縮 URL
    4718113

    英国当局は、夫の年収が同国の法律で定められている額よりも低いとして、ロシア人女性とイタリア人男性の夫婦を引き裂いた。

    イタリア人のネリソン・アクヴィニさんは16年前にローマから英国に移住した。アクヴィニさんの若いロシア人妻ヴェーラさんは、夫の年収が低いため英国を離れなければならなくなった。

    英国の法律では、夫婦の年収が1万8600ポンド(約288万4000円)以上でなければならない。ヴェーラさんの夫は、ブライトンで立派に料理人と肖像画家として働いているが、英国の財産検査を通過しなかった。

    そのためヴェーラさんと夫は正式に結婚してはいるものの、ヴェーラさんのビザが却下されたため、2人は英国で一緒に暮らすことができなくなった。

    タグ
    英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      異常ですね
    • avatar
      bokebokeboya
      こんな人道に悖ることは、許してはならないと思う。
      それならイギリスなんか捨てて、ロシアで一緒に暮らした方がいいと思う。
    • unimaro unimaro
      人権無視も甚だしい。けど、英語圏なんかこんなもんかも。英語しか話せない者たちなんぞ蛮族でしかない。言語は知性であり、理性の資質となるもの。つーか、英語以下の言語ってあるかなぁ?
      単純に見えるスワヒリ語の方がまだ奥深いよなー。
    新しいコメントを読む (0)