19:06 2018年09月19日
フランス警察

フランスの高速列車の車輪の下で爆発装置が作動

© AFP 2018 / Pascal Guyot
欧州
短縮 URL
206

パリ近郊鉄道の線路に何者かが10ほどの爆発物を設置した。うち9がノワジー=ル=セック駅職員が適時に発見し、排除された。

しかし、高速鉄道の通過時、爆弾の一つが車輪の下で作動した。フランス紙ル・パリジャンが報じた。

爆弾は威力が小さく、幸いなことに、負傷者は出なかった。列車は10分後には走行できた。現場には捜査官が到着しており、犯人の捜索も行なわれている。コムソモールスカヤ・プラウダがウェブサイトで伝えた。

タグ
事故, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント