16:56 2018年09月20日
ニーステロ犯、ダーイシュ(IS)の指示を受け行動していた

ニーステロ犯、ダーイシュ(IS)の指示を受け行動していた

© REUTERS / Eric Gaillard
欧州
短縮 URL
ニースのテロ事件 (15)
236

7月14日夕方ニースの海岸沿いで行われたテロは2014年9月に発表されたダーイシュ(IS)の指示を想起させる。15日、フィガロ紙が報じた。

当時ダーイシュのスポークスマン、アブ・ムハンマド・アル・アドナニは、異教徒を殲滅するために手当たり次第の手段を使用するよう支持者らに訴えていた。

「爆弾を爆破させたり射撃したりできない場合は、自分自身を武器にしろ」「フランスやアメリカの無神論者は車でひき、切り刻め」と誘われていた。

犠牲者が民間人か軍人であるかはどうでもよく「どちらも敵だ。その血を流すことは許されている」とのことだった。

ニースで7月14日夕方、フランス革命記念日の花火を見にプロムナード・デ・ザングレに集まった群衆にトラックが突っ込んだ。犯人はまた、発砲も行った。84人が犠牲となり、100人以上が負傷した。

トピック
ニースのテロ事件 (15)
タグ
フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント