20:55 2017年08月20日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    独の難民認定者ら、逃げたはずのシリア、アフガンに休暇帰国、マスコミ情報

    独の難民認定者ら、逃げたはずのシリア、アフガンに休暇帰国、マスコミ情報

    © 写真: Bistum Regensburg
    欧州
    短縮 URL
    41794132

    独で難民認定を受けた無職の難民らは、迫害を理由に離れたはずの祖国に時折戻っている。ヴェルト紙が報じた。

    ヴェルト紙によれば、これに該当するのは主にシリア、アフガニスタン、レバノンからの難民。

    ヴェルト紙が調査したところ、独の法律が無職の市民に許可する出国期間は年間21日間。この際、失業手当受給者の義務は出国日数の報告のみで行き先を明らかにする義務は負わない。この条件を難民の多くが利用している。

    独連邦雇用庁広報官は、統計数値は出さなかったものの、こうした事例があることは認めた。

    ヴェルト紙は、EUの規則によれば、自分が迫害を受けて出国した祖国に難民が戻った場合、その人物の難民認定は取り消されると書いている。例外として親戚が重病の場合は認められているものの、そうした場合、祖国に帰った難民の身に脅威がないことが証明されなければ、出国許可は下りない。

    独政府はこの問題の解決に取り組み始めたことを明らかにしている。

    前に伝えられたところによると、FAZはメルケル帝国が崩壊しつつある理由を説明した。

    関連:

    ハンガリー、移民を脅かす手段に国境に豚の頭をぶら下げる提案
    ドイツ 移民によってEUを脅すのを止めるよう求める
    タグ
    移民, ドイツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント