01:23 2017年08月19日
東京+ 26°C
モスクワ+ 27°C
    英国海軍最大の空母「クイーン・エリザベス」

    英国艦隊最大の空母はサイバー攻撃に弱い

    © REUTERS/ Russell Cheyne
    欧州
    短縮 URL
    170726

    英国海軍最大の空母「クイーン・エリザベス」は老朽化したソフトが原因でサイバー攻撃を受ける危険性がある。

    スプートニク日本

    クイーン・エリザベス」は26日、就航したばかり。テレグラフ紙の記者が撮影した空母のディスパッチルーム内を写真ではオペレーターシステムのコンピューターが旧式なWindows XPが映し出されている。テレグラフ紙が報じた。

    マイクロソフトはWindows XPへの技術サポートを打ち切っていることからハッカー攻撃を受けた場合、空母の情報システムは脆弱性を露呈する恐れがある。テレグラフ紙はWannacry,ウイルス

    攻撃を受けたコンピューターの大半がまさにWindows XPだったことを指摘している。

    タグ
    ハッカー, 武器・兵器, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント