16:13 2018年06月18日
メルケル氏

政党「ドイツのための選択肢」、メルケル氏を提訴

Фотохост-агентство
欧州
短縮 URL
0 133

ドイツ右派政党「ドイツのための選択肢」が憲法裁判所に、移民政策に関してメルケル首相を提訴した。独紙「ディー・ツァイト」が党の顧問弁護士ステファン・ブランドナー氏の話として伝えた。

スプートニク日本

ブランドナー氏によると、訴えは4月14日、カールスルーエにある憲法裁判所に出された。

訴状は、移民政策策定に際して政府が、問題解決に参加する議会の権利を侵害したとしている。ドイツのための選択肢は、移民のためにオーストリアとの国境を開くという2015年9月のメルケル氏の決定を調査するよう求めている。

独紙「ディー・ツァイト」によると、ブランドナー氏は「この訴えは世界を変える可能性がある。そして、望まれた結果につながれば、世界を変えるだろう」と述べた。ブランドナー氏は、そうなった場合、メルケル氏はできるだけ早く辞任しなければならないと付け加えた。

内務省のまとめによると、2015年、ドイツには約90万人の移民と難民が入国。これは同国の右派的傾向を強めた。結果、年間20万人のレベルに移民の入国人数を制限する決定が取られた。

タグ
裁判所, 事件, 移民, アンゲラ・メルケル, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント