20:02 2020年11月30日
欧州
短縮 URL
0 21
でフォローする

ドイツのシュレスヴィヒ・ホルシュタインを鳥インフルエンザH5N8亜型が襲った。ロイター通信が伝えている。

さらにこのウイルスはドイツ別地域の養鶏場でも検出された。

同様の問題がオランダでも起きており、農業省は20万羽の鶏の処分を命じた。

高病原性鳥インフルエンザは家禽・野鳥の急性ウイルス疾患であり、呼吸器および消化器系に影響を与える。

先に伝えられたところによると、日本の農水省は5日、香川県で鳥インフルエンザウイルス(H5型)の拡大が確認されたと発表した。


関連ニュース

鳥インフルエンザ、2カ国で発生確認

タグ
鳥インフルエンザ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント