20:20 2019年04月24日
トゥルシンバエバ、ザギトワとメドベージェワ

さいたま世界フィギュアスケート選手権【写真・動画】

© REUTERS / Issei Kato
フィギュア特集
短縮 URL
世界フィギュアスケート選手権 さいたまスーパーアリーナ (39)
0 50

さいたま市のさいたまスーパーアリーナで「世界フィギュアスケート選手権大会2019」が開催されている。

スプートニク日本

世界フィギュアスケート選手権大会が、3月20日から24日まで埼玉県のさいたまスーパーアリーナで開催される。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

ニュースメッセージ
  • 22:00
  • 21:58
  • 22:07
    トゥルシンバエバ、ザギトワとメドベージェワ
    © REUTERS / Issei Kato
  • 21:28

    金ザギトワ、銀トゥルシンバエバ、銅メドベージェワ

  • 21:28

    トゥルシンバエバ、224.76で2位!

  • 21:25

    トゥルシンバエバのスコア次第で順位は大きく変わる可能性が。

  • 21:23

    リンクにはカザフスタンのトゥルシンバエバ

    4回転サルコウを決めたトゥルシンバエバはザギトワと同じトゥトベリッゼ監督の門下生。

  • 21:20

    237.50を獲得したザギトワ、メドベージェワを抜いた

    アリーナ・ザギトワ
    © Sputnik / Vladimir Pesnya
  • 21:19

    監督たちに抱きかかえられ、涙をこらえるザギトワ。スコアを待つ。

    アリーナ・ザギトワ
    © Sputnik / Vladimir Pesnya
  • 21:11

    坂本、222.83で3位

  • 21:08

    坂本が演技を終えた

    あと少し足りなかった。それを坂本が一番感じている。立ち上がって声援を贈る観客席。

    坂本花織
    © Sputnik / Alexandr Vilf
  • 21:05

    日本の坂本が出る

    坂本にとっても初の世界選手権。

    坂本花織
    © Sputnik / Alexandr Vilf
  • 21:03

    イム・ウンス、205.57で7位

  • 20:46

    223.80でメドベージェワが第1位!

    エフゲニヤ・メドベージェワ
    © Sputnik / Nina Zotina
  • 20:38

    メドベージェワが演技へ

    エフゲニヤ・メドベージェワ
    © Sputnik / Nina Zotina

    生まれ変わったメドベージェワ、ジェーニャが新しい自分の演技を作りあげた!

  • 20:36

    最後の第4グループの選手らがリンクに出て、ウォーミングアップを開始

    SP首位で勢いをつけた日本の坂本花織とロシアのメドベージェワ、ザギトワが同じリンクに立った。

  • 20:35
    第4グループ
  • 20:31

    223.49紀平がトップ、宮原が2位、テネルが3位

  • 20:28

    紀平が演技を終えた。水を打ったように静かに見守ってた観客席がどよめいている。

  • 20:26
    アリーナ・ザギトワ選手

    「金を狙うロシア勢 阻む敵は自己ミスをおいて皆無」  さいたま世界選手権・結果予測

    さいたまアリーナではフィギュアスケート世界選手権の女子シングル、フリープログラム(FP)がスタートした。スプートニクの記者は五輪5冠王のロシアのアレクセイ・ヤグディン監督、ソチ五輪金メダリストの米国のメリル・デイヴィス氏にFPの予測をたずねた。
    続きを読む
  • 20:24

    そして続くは紀平梨花!

  • 20:22

    宮原、215.95で首位!

    宮原知子
    © REUTERS / Issei Kato
  • 20:20

    宮原が演技を終えたとたん、ものすごい声援が沸き上がっている。

  • 20:19

    宮原知子がリンクに

  • 20:09
  • 20:05

    ブレイディ・テネル(米国)、堂々の213.47でトップ!

  • 19:40

    この休憩時間でウォーミングにリンクに上がるのはガブリエル・デールマン(カナダ)、ブレイディ・テネル(米国)、ニコル・ショット(ドイツ)、宮原知子(日本)、紀平梨花(日本)、そしてロシアのソフィア・サモドゥロワ。この戦いは真剣勝負だ。

    第3グループ
  • 19:37
  • 19:34

    第2グループが演技を終了

    休憩をはさんでの第3グループでは戦いはさらに激しさを増す。

  • 19:32
    エフゲニア・メドベージェワ選手とアリーナ・ザギトワ選手、世界フィギュアスケート選手権が行われているさいたまスーパーアリーナで練習中

    ザギトワ選手、ドーピング検査で深夜まで拘束される

    平昌五輪で金メダルを獲得したロシアのフィギュアスケート選手、アリーナ・ザギトワ(16)が、日本の埼玉で開催中のフィギュアスケート世界選手権でショートプログラム(SP)終了後に、ドーピング検査で深夜まで競技会場に拘束された。
    続きを読む
  • 19:20

    レオン、177.22点でこの時点で3位。

  • 19:15

    香港のクリスティー・レオンが演技

    16歳の若手レオン。

  • 19:14

    本大会の女子最高年齢のゲルム、総合点は161.16。

  • 19:12

    スロベニアのダーシャ・ゲルムの演技が始まった

  • 19:05

    ヘンドリックスは186.29で現時点で首位

  • 19:02

    ベルギーのルナ・ヘンドリックスがリンクに出た

    ヘンドリックスは欧州最強の選手に数えられる存在。

  • 18:50

    アゼルバイジャンのエカテリーナ・リャボワが滑りを終えた。リャボワはロシア人だが、ロシア代表団に入るのは難しいため、常に重要な大会に出場するためにわざわざ国籍を変えた。リャボワはロシアのエフゲニー・プルシェンコ、アレクサンドル・ヴォルコフ両監督の門下で演技に磨きをかけた。

    アゼルバイジャンのエカテリーナ・リャボワ
    © Sputnik / Vladimir Pesnya
  • 18:42

    リンクにはすでに第2グループが登場

    第2グループ
  • 18:53
  • 18:41

    女子シングル第1グループが終了。現在の首位はロリヌ・レカヴァリエ(仏)の170.59点

  • 18:21
    第1グループ
  • 18:20

    氷上に出ているのは第一グループの選手たち

    この少し前、紀平梨花選手はトリプルアクセルを重点的に練習し、なんと11回も決めてみせた。

  • 18:12
    フィギュアのオーサー監督とメドベージェワ

    フィギュア世界選手権 オーサー氏、競技前のメドベージェワ選手の状態について語る

    20日に日本の埼玉県で開幕した世界フィギュアスケート選手権に出場するロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手のコーチを務めるカナダのブライアン・オーサー氏が、通信社スプートニクの特派員に競技前のメドベージェワ選手の状態について語った。
    続きを読む
  • 18:05
  • 17:57

    女子ショートプログラム(SP)を終えベスト5に入った選手は次のとおり

    ① アリーナ・ザギトワ(ロシア)-  82.08点


    ②  坂本花織(日本)-  76,86点


    ③ エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)- 75,96点


    ④ エフゲニヤ・メドベージェワ(ロシア)-  74,23点


    ⑤ イム・ウンス(韓国)- 72,91点

  • 17:47

    フリープログラムを前にして、ショートで7位に終わってしまった紀平梨花選手をトップ争いの勘定に入れない、ということはすべきでない

    紀平選手は、トリプルアクセルとトリプルトゥーループのコンビネーションに加え、単独のトリプルアクセルを跳ぶと話している。これらの複雑なエレメントによって、現在のトップ3を一気にごぼう抜きにする、ということもあり得る。

    紀平梨花
    © Sputnik / Vladimir Pesnya
  • 17:37
  • 17:35
  • 17:24

    フィギュアスケート世界選手権、女子シングルのフリー・スケーティングが本日、日本時間の17時30分に開始します。あなたは誰を応援しますか?

  • 17:07
  • 17:03
    © Sputnik / Vladimir Pesnya
  • 16:25

    結果発表!上位3位は以下

    1位 ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組(フランス) 88.42点
    2位 ヴィクトリヤ・シニツィナ/ニキータ・カツァラポフ組(ロシア) 83.94点
    3位 アレクサンドラ・ステパノワ/イワン・ブキン組(ロシア) 83.10点

  • 16:12

    世界選手権で3度優勝しているパパダキス/シゼロン組(フランス)が、最終グループの最後に演技。

    再び観客が立ち上がる!パパダキス/シゼロン組、90点満点中88.42点という高得点で1位。
    パパダキス/シゼロン組
  • 16:02

    ステパノワ/ブキン組(ロシア)が登場。

    日本の観客たちは立ち上がって拍手。ステパノワ/ブキン組は、素晴らしい演技を披露した!83.10点を獲得して2位!

  • 16:01

    2018年世界選手権2位のハベル/ダナヒュー組(米国)は、83.09点を獲得し、2位。

  • 15:56

    チョック/ベイツ組(米国)が82.32点を獲得して3位に。

  • 15:51

    ギニャール/ファッブリ組(イタリア)は81.66点を獲得して現在3位。

  • 15:40

    最終グループの選手たちが練習を開始。同グループでは、ロシアのアレクサンドラ・ステパノワ/イワン・ブキン組が登場する。

    最終グループの滑走順:

    シャルレーヌ・ギニャール/マルコ・ファッブリ組(イタリア)
    マディソン・チョック/エヴァン・ベイツ組(米国)
    マディソン・ハベル/ザカリー・ダナヒュー組(米国)
    アレクサンドラ・ステパノワ/イワン・ブキン組(ロシア)
    ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組(フランス)

  • 15:31

    カナダのケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ組が第5グループの最終滑走。

    経験豊かな2人が、『リベルタンゴ』にのって演技。ウィーバー/ポジェ組は82.84点を獲得して2位。ロシアのシニツィナ/カツァラポフ組が現在もトップ。

  • 15:18

    カナダのパイパー・ギレス/ポール・ポワリエ組がアルゼンチン・タンゴで観客を魅了。80.44点を獲得。

  • 15:02

    ヴィクトリヤ・シニツィナ/ニキータ・カツァラポフ組が氷上に!

    シニツィナ/カツァラポフ組は、非常に表現力豊かな演技をした。2人は自己ベストの83.94点を出し、現在トップ。

  • 13:42

    日本の小松原美里/ティモシー・コレト組が演技を始めた。

    小松原/コレト組は、60.98点(33.69+27.29)を獲得し、現在5位。

  • 13:37

    世界フィギュアスケート選手権では22日、アイスダンス(リズムダンス)が行われる。 ロシアからは、アレクサンドラ・ステパノワ/イワン・ブキン組とヴィクトリヤ・シニツィナ/ニキータ・カツァラポフ組が出場する。優勝候補はフランスのガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組。

  • 12:02
  • 12:00

    アイスダンス・リズムダンス(RD)始まる

    チェン羽生ブラウン

    さいたま世界フィギュア選手権 男子SPは1位チェン、2位ブラウン、3位羽生

    日本の埼玉県で開催の世界フィギュアスケート選手権は21日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、負傷から復帰した日本の羽生結弦選手は、3位発進となった。男子ショートプログラムで羽生結弦は94.87点で3位発進となった。首位は昨年の世界王者、ネイサン・チェン(米国)で107.40点、2位はジェイソン・ブラウン(米国)で96.81を獲得した。
    続きを読む
ライブ
さいたま世界フィギュアスケート選手権【写真・動画】
+
トピック
世界フィギュアスケート選手権 さいたまスーパーアリーナ (39)
タグ
フィギュアスケートテスト, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント