00:17 2019年11月22日
GPSフランス国際2019フランスのガブリエラ・パパダキスとギヨーム・シゼロン

アイスダンス世界選手権4冠のパパダキス、シゼロン組 セクシーな演技、和食について スプートニク独占取材

© REUTERS / Emmanuel Foudrot
フィギュア特集
短縮 URL
筆者 :
フィギュアスケートGPシリーズ2019・フランス大会 (29)
0 10
でフォローする

フランスのグルノーブルで開幕のGPSフランス国際2019、アイスダンスのショートダンスでは、地元フランスのガブリエラ・パパダキスとギヨーム・シゼロン組が世界記録の88.69点を出し、堂々と首位を占めた。ショートダンスの終了後、スプートニクはパパダキス、シゼロン両選手に今回のプログラムの出来について、また前回、135.82点の世界記録の樹立した日本での大会の印象についてスプートニクからの独占インタビューに答えた。

派手なレギンス、ゲートル、ヘアバンドの流行っていた、あの陽気でエネルギッシュな80年代。ふたりのダンスは、これを知らない人をも80年代の世界へといざなう。

シゼロン選手はこのプログラムについて、他の皆がやっていることとも、自分たちが今までやってきたこととも実際異なっていると説明している。

シゼロン選手:「このプログラムに取り組むというのは本当に実験的なことでした。それでも80年代を今の2019年に持ってくるというのはなかなかおもしろく、楽しかったです。お客さんたちのプログラムへの反応は実によくて、私たちも嬉しいです。このプログラムで私たちはお客さんたちに別の側面からの自分らを見せたかったんです。こうしたほかにプログラムをセクシーで現代風にしたかったんです。」

ふたりは他のペアを大きく引き離し、記録を更新しつづけていることについて、謙遜して次のように語っている。

「福岡での団体戦では、記録更新という目標は据えておらず、団体に少しでも多くの点数を稼ぐことを目的にしていました。ファイナルで記録的な得点となったということは、私たちは成長しているということです。これが私たちを前へ進ませているんです。」

​ふたりは大の日本びいきで和食好き。日本の印象について次のように語ってくれた。

シゼロン選手:「日本は何度も訪れています。私にとって最高で、日本が誇っていいのはなんといってもビーフ。牛肉ものすごく好き。」

パパダキス選手も和食が大好きで、「日本はどこの都市も独自の郷土料理、特徴があります。日本に行くと、とにかく全てを食べる。何もかも大好き!」と親日ぶりを発揮した。

ふたりは世界から集まったファンたちの支援に感謝の気持ちを伝えた。

シゼロン選手:「(ファンの支援は)大会の時にすごく大きな助けです。だってお客さんが支えてくれている、一緒になってやってくれていると感じると、もっともっと先に進まなきゃと頑張れますからね。これは一種の魔法ですよ。これを私たちが創っているんです。ファンの期待を裏切らないで、びっくりさせたい、エモーションを感じてほしいと頑張っています。」

© Sputnik / Savitskaya Kristina
フランス杯2019演技時間一覧(日本時間)

フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
フィギュアスケートGPシリーズ2019・フランス大会 (29)
タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント