08:45 2020年10月25日
フィギュア特集
短縮 URL
0 23
でフォローする

ロシアのフィギュアスケーターでアナスタシア・フェドロワ選手とペアを組むアイスダンスのマキシム・セロフ選手(17)がロシアカップのシズラニ大会でのショートダンスの際に転倒し、激しい脳震盪を起こした。同選手のアンジェリカ・クリロバコーチが明らかにした。

セロフ選手はパートナーの補助の際にバランスを失い転倒し、背中と後頭部を氷に打ち付けた。セルフ選手は何度か自力で立ち上がろうとしたが、起き上がることができず、担架で運ばれることとなった。

​同選手は会場から病院に搬送された。診察の結果、激しい脳震盪と診断がされた。クリロバコーチによれば、同ペアは大会への出場を取り止め、モスクワに戻ったという。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント