19:57 2018年07月18日
原子力潜水艦「オリョール」火災

原子力潜水艦「オリョール」火災 完全に鎮火

© REUTERS / Oleg Kuleshov
災害・事故・事件
短縮 URL
0 50

ロシアのセヴェロドヴィンスクの造船所で修理中の原子力潜水艦「オリョール」で発生した火災は、完全に鎮火された。

潜水艦に予備弾薬や燃料・潤滑油は積まれていなかった。また修理を開始する前に核燃料も取り出されていたため、潜水艦には核燃料も積載されていなかった。

火災は7日昼間、セヴェロドヴィンスクで発生した。ロシアのメディアが伝えた。

「オリョール」に予備弾薬や燃料・潤滑油は積まれておらず、原子炉システムは止められていた。放射能漏れや環境汚染の恐れはない。

ロシア産業貿易省はロシア国防省と共同で、事故の調査を行い、被害の程度を判断する所轄官庁間委員会を設置した。

タグ
事故, 災害・ 謎・発見・スキャンダル, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント