05:40 2017年05月01日
東京+ 14°C
モスクワ+ 20°C
    石油

    カリフォルニア沿岸で原油流出およそ8万リットル

    © Fotolia/ Edelweiss
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 56021

    米カリフォルニア州サンタバーバラ沖で起きたパイプライン事故により、およそ8万リットルの原油が海に流出した。新聞LA Times.が報じた。

    新聞報道によれば、沿岸警備隊は、水曜日モスクワ時間で深夜1時頃、原油流出を止めた。漏れた原油は、海面上直径およそ6,1キロの大きさに広がっている。

    損傷したパイプラインは、Plains All American Pipeline社所属のもので、同社のスポークスマンは「原油漏れの広がりを阻止するためパイプライン及び排水システムは止められた」と伝えた。同社の専門家らは、現在、原油漏れによる損失と起こり得る影響について調査中だ。

    事故現場では、地元や連邦当局の代表者らが、調査を監督し、汚染除去・浄化作業の調整をしている。

     

     

    関連:

    ニューヨーク州の原発で火災 ハドソン川に原油流出 (動画)
    原油価格 米国の原油在庫増加を見込んで下落
    原油価格 イエメン情勢悪化を受けて高騰
    タグ
    石油, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント