00:19 2018年02月26日
東京+ 5°C
モスクワ-13°C
    移民

    マレーシア、新たな大量埋葬が見つかる

    © REUTERS/ Antonio Parrinello
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 25

    マレーシアのタイとの国境付近で新たな大量埋葬が見つかった。遺体はおそらくミャンマーからの難民ではないかと推測されている。現時点の情報では、埋められている遺体はおよそ24体。警察は、今回の発見は2015年5月に見つかった大量埋葬の一部であることを確認。

    マレーシア西部では数ヶ月前、100体を越える難民の遺体の埋葬跡と、ミャンマーからの難民が強制的に収容されていた28箇所のキャンプが見つかっている。

    ミャンマーからの難民はほとんどが「ロヒンギャ」といわれる民族集団。ロヒンギャはミャンマーで迫害されているため、タイ領を通過して、マレーシアに逃げ込もうとしている。ロヒンギャの一部は犯罪者の手にわたり、監禁され、解放のために多額の身代金を要求されるケースもある。

     

     

    関連:

    メルケル首相、パレスチナ難民の少女を泣かせる
    ベルリンで難民支援を訴えるデモが開かれる (動画)
    マレーシアで難民の集団墓地が発見される 数百人埋葬
    フランス議員、ミストラルを難民救助に使うよう提案
    タグ
    マレーシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント