13:01 2018年11月19日
エジプトに墜落したロシア機、以前に尾部が損傷していた

エジプトに墜落したロシア機、以前に尾部が損傷していた

© Sputnik / Maxim Grigoryev/TASS/POOL
災害・事故・事件
短縮 URL
ロシア機エアバスA321墜落 (67)
112

エジプトに墜落した「コガルィムアヴィア」の旅客機は2001年に尾部を損傷していた。

問題のA321機はベイルート-カイロ便に就航中、滑走路に尾部をぶつけ、大きく損傷させていた。当時同機は別の会社が運用していた。

「このこと事態に別段の意味はない。しかし人々は、尾部の故障がきちんとリペアされず、たとえば7年前にも故障が再発したことを記憶している。ただし、A321は非常に安心できる飛行機だ」とのこと。

「コガルィムアヴィア」社は先にツポレフ機の技術的問題に関連して「2つのちょっとした出来事があった」としている。

「コガルィムアヴィア」社のA321機は土曜、シャルム・エル・シェイクからサンクトペテルブルクへ向かう途中、シナイ半島に墜落した。乗員7名、乗客217名全員が死亡した

トピック
ロシア機エアバスA321墜落 (67)

関連:

エジプトのA321機墜落に関してローマ法王が哀悼の意
ロシア、エジプトの航空機事故で今日は喪に服す
エジプトのA321機墜落現場で児童の遺体が25体発見
エジプトの航空機事故、生存者はゼロ
エジプトのA321機墜落現場で遺体100体発見、うち5体が児童
メディア報道:レーダーから消失したロシア機の残骸、エジプトで発見
タグ
事故, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント