18:53 2018年06月18日
米国:散弾銃で少女を射殺した11歳の少年に8年の自由刑

米国:散弾銃で少女を射殺した11歳の少年に8年の自由刑

© AFP 2018 / CHANTAL VALERY
災害・事故・事件
短縮 URL
401

米国の裁判所は、8歳の少女を銃で撃って死亡させた11歳の少年に、自由刑を言い渡した。

事件が起こったのは、米テネシー州ホワイトパインの小さな町。10月3日、11歳の少年は、自宅の芝生の上で友達と遊んでいた隣に住む8歳の少女に、子犬を見せてと自宅の窓からたのんだが、少女は断った。すると少年は少女に向かって散弾銃を発砲し、少女は頭部を撃たれ、その後、母親の腕の中で息を引き取った。

リア・ノーヴォスチ通信によると、銃は父親のものだった。刑事事件記録によると、少年の父親と祖父は銃の取り扱いに関する安全性について少年に教えていたという。

裁判官は、故意の殺人として、少年を殺人罪で有罪とし、19歳まで矯正施設での収監を言い渡した。

タグ
事故, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント