02:01 2018年09月24日
ニューヨーク上空の満月。

ニューヨーク、飛行機が住宅街に墜落(写真)

© AP Photo / Julio Cortez
災害・事故・事件
短縮 URL
0 50

ニューヨークの住宅街に軽飛行機が墜落した。地元メディアによると、航空機はサフォーク(ロングアイランド)地区の路上に落ちた。

NBCニューヨークによると、航空機パイパー28は、離陸まもなく墜落した。およそ午後7時だった。 34歳のパイロット、スコット・クリフォード氏は足に重傷、頭部に外傷を負って入院。 65歳の乗客マイケル・ローム氏も負傷したが、怪我の性質は明らかでない。

飛行機は墜落時に木や柱に触れ、その後、交差点に墜落した。モーターが異音を発したためパイロットが空港に戻ろうとにしたが間に合わなかった。航空機は墜落時に電線を破損し、250の住宅やオフィスが停電した。

現場の写真がソーシャルネットワークに掲載された。

「この出来事で一番ばかばかしかったことは、女の人が警官に、飛行機が道路を遮断していて、車で家に帰ることができない、と苦情をたれていたことだ」と目撃者はインスタグラムに書いている。

関連:

日本、墜落機乗員6人全員の遺体発見
タグ
事故, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント