17:17 2021年10月16日
災害・事故・事件
短縮 URL
2011
でフォローする

米ジョージ・ワシントン大学は、テロ組織「アルカイダ」の元リクルーター、ジェシー・モートンを、国家安全保障問題の専門家として雇った。通信社スプートニクが、現地のマスコミの情報を引用して伝えた。

以前ユヌス・アブドラ・ムハンマドとして知られていたジェシー・モートンは、反テロ活動の「ユニークなビジョン」を持ち込むと見られている。

伝えられたところによると、事前にモートンを雇う件について、米連邦捜査局(FBI)、治安関係者、モートンの事件を扱った弁護士らと議論がなされた。

大学側はモートンを信頼しているという。

先に伝えられたところによると、ビンラディンの息子、サウジ政権打倒へ呼びかけた

関連:

「アル=ヌスラ戦線」、「アルカイダ」との関係断絶を発表
情報機関 「アルカイダ」指導部のシリアへの移動について伝える
マスコミ情報、イエメンで「アルカイダ」武装戦闘員800人以上が殲滅
ドイツ特務機関職員、アルカイダに資金を供与した疑い
タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント