04:02 2019年12月16日
ベラルーシ空港で日本人男性が拘束、ウクライナからアラブ首長国へ武器部品持ち出し

ベラルーシ空港で日本人男性が拘束、ウクライナからアラブ首長国へ武器部品持ち出し

© 写真 : Press service of the concern Kalashnikov / Boris Kirisenko
災害・事故・事件
短縮 URL
1116
でフォローする

ベラルーシの首都ミンスクの空港で日本人男性がウクライナ領から武器の一部を違法に運び出そうとしたため拘束された。ミンスク2空港の税関広報部が明らかにした。

この男性は大型の登山リュックを担ぎ、ウクライナからアラブ首長国連邦へ向かう途中、ミンスクで乗り継ぎを行なおうとしていたが、このリュックが空港税関の目に止まった。

荷物検査が行なわれたところ、リュックからはトリガー・ガード、カラシニコフ銃およびピストル用の マガジン(弾倉)、弾丸、スコープ、引き金など自動小銃の製造に必要な部品がずらりと出てきた。

リュックの持ち主の日本人男性は武器部品の購入証明書もその輸送許可書も一切所持していなかったため、現在、荷物は検査のため取り上げられ、本人も拘束され取調べを受けている。

先に伝えられたところによると、日本人は殺人的な水鉄砲を作った。

関連:

日本人がポケモンGOを止めた理由が明らかに。その結果は予想外!
日本人実業家 英国で日本酒造りを始める
タグ
ベラルーシ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント