09:35 2018年12月13日
エストニア首都空港建物 爆弾電話のあと全員避難

エストニア首都空港建物 爆弾電話のあと全員避難

© 写真: Cornelius Kibelka
災害・事故・事件
短縮 URL
0 14

バルト3国の一つエストニアの首都タリンの空港では、建物に爆発物を仕掛けたとの電話があった後、全員が避難した。土曜日、現地警察報道部が伝えた。

発表によれば「爆弾を仕掛けたとの脅迫電話があったのは12時⒑分(日本時間で18時10分)、現在タリン空港の建物内では、警察犬を連れた爆発物処理班が活動している。空港から、すべての人々がすでに非難した」。

なおタリンに到着する航空機は、滑走路に着陸するものの、乗客が機内から出ることは許されていない。また空港建物内には、出迎えの人達も入ることができない。

14日、ジュネーブとモスクワを結ぶ「アエロフロート」2381便が爆破予告を受けジュネーブで検査を受けた後、無人で離陸した

関連:

米国 爆弾事件の容疑者 eBayサイトで爆弾製造用部品を購入
「アエロフロート」ジュネーブ-モスクワ便、爆破予告受け無人で飛行
タグ
事件, エストニア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント