10:59 2020年10月22日
災害・事故・事件
短縮 URL
115
でフォローする

モスクワに、氷のような雨を伴う大雪を降らせる低気圧が近づいている。気象センター「フォボス」が伝えた。1か月の約3分の1の降雪量が予測されている。

吹雪は氷のような雨に変わり、気温はマイナスから0度へ上昇し、薄氷がはったり、電線に雪が付着したり、強い風が吹く見込み。

困難な気象条件のため、10日と11日は空港や道路などで混乱が生じる可能性があるという。

「フォボス」の代表者は、「これらの日は外出しない方がいい。これは正真正銘の雪の黙示録となるだろう」と指摘した。

先に伝えられたところ、ロシアのカムチャツカ半島で大地震が発生した。

関連:

福岡国際航空、地下水層による道路陥没で一部停電
ニャンで? トルコで一番有名な猫の銅像が盗難
タグ
ロシア, モスクワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント