07:15 2018年09月25日
バクダッドで仏大統領の到着日に大規模テロが発生

バクダッドで仏大統領の到着日に大規模テロが発生

© AP Photo / Khalid Mohammed
災害・事故・事件
短縮 URL
1119

バグダッドで起きた爆破テロで死者の数は35人に達した。2日、BBCニュースが報じた。

テロが起きたのはバグダッドの近郊にあるマディナト・エスサドルの人出の多い広場。自爆テロ犯による犯行と見られている。

トルコの政府よりの新聞「デイリー・サバフ」紙が警察と医療関係者の証言を引用して報道したところによれば、爆破物を積載した乗用車が爆発し、少なくとも32人の死者が出たほか、数十人が負傷した。

テロはオランド仏大統領のイラク訪問の開始時期と重なった。オランド大統領は2日、バクダッドでイラクの大統領及び首相との会談が予定されている。ロイター通信が報じた。

12月31日、バグダッドでは2度の爆破テロが発生。その結果21人が死亡した。テロは爆発装置の作動によるもので、朝のラッシュアワー時に商業地区のシナクで起きた。

なお先に伝えられたところ、在アルメニアロシア軍基地で働くビクトル・エメルヤノフ少佐の遺体が、同国首都エレバンのあるホテルで発見された

タグ
爆発, テロ, イラク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント