10:46 2020年10月22日
災害・事故・事件
短縮 URL
3322
でフォローする

フランス北西部にあるフラマンヴィル原子力発電所の機械室で爆発が起きた。放射性物質の放出の恐れはない。仏紙『ウエスト フランス(Ouest France)』が9日、地元当局の情報を元に報じた。

爆発が起きたのは地元時間10時(日本時間18時)。事故現場には緊急隊員が到着している。

フランス通信社によると、5人に軽い中毒症状が現れている。

地元当局の報道担当は、「第一に指摘しなければならないことは、放出のリスクは一切ないことだ。これは放射線量が高い地区ではない。事故の原因は現在のところ特定されていないが、最も可能性の高い説は、ショートだ。」

SNSではすでにユーザーたちが反応した。ツイッターではあるユーザーが、「今原発は完成していなくても爆発している。今後も」と投稿した。

別のユーザーは、「放出のリスクはない、80年代のチェルノブイリみたいに?」と投稿した。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント