14:48 2018年06月25日
スウェーデン人の女性ジャーナリスト、キム・ウォール氏スウェーデン人の女性ジャーナリスト、キム・ウォール氏

デンマークで手足と頭のない女性の遺体が見つかる

© AP Photo / Tom Wall © AFP 2018 / Peter Thomson
1 / 2
災害・事故・事件
短縮 URL
102

デンマークのコペンハーゲン警察は、手作りの潜水艦「ノーチラス」号が沈没した後に行方不明になったスウェーデン人の女性ジャーナリスト、キム・ウォール氏の捜索中に、同市内南東部のアマー島で、手足と頭のない女性の遺体を発見した。ローカルが伝えた。

スプートニク日本

同紙によると、捜査チームの責任者イェンス・ミュラー・ヤンセン氏は「警察、メディア、その他のすべての人が、この遺体はキム・ウォール氏ではないかと考えているのは明らかだ。だが、まだそれについて述べるには時期尚早だ」と語った。遺体は鑑定に送られたという。

8月21日、地元住民が海岸近くに遺体があることに気づき、警察に通報した。

8月10日、潜水艦「ノーチラス」号をつくったピーター・マッセン艦長と一緒に同潜水艦に乗って出発したジャーナリストのキム・ウォール氏が行方不明になった。

11日、マッセン艦長は遭難信号を発信、救助隊が艦長を見つけた時、潜水艦が沈没した。

マッセン艦長は当初、潜水艦の不具合が見つかる前にウォール氏を降ろしたと述べていた。ウォール氏が行方不明になったため、艦長は殺人容疑で逮捕された。その後、艦長は、ウォール氏は事故で死亡し、自分が「海に埋葬した」と供述を変えた。

ウォール氏(30)は、フリージャーナリストで、ニューヨークタイムズやガーディアンと契約していた。

マッセン艦長は、アマチュアによってつくられたロケットの打ち上げや開発を行っている非営利団体コペンハーゲン・サブオービタルズ の創設者の1人。

「ノーチラス」号は、マッセン艦長がつくった潜水艦3隻のうちの1隻。

タグ
びっくり, 捜査, 事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント