10:31 2017年09月21日
東京+ 25°C
モスクワ+ 8°C
    シリア

    米国有志連合 シリア、イラクの空爆で民間人にさらに61人の死者

    © AFP 2017/ Delil Souleiman
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 30707

    国際テロ組織「ダーイシュ(IS)]と戦う米国主導有志連合軍はシリア、イラクでの空爆でさらに61人の民間人が死亡したことを明らかにした。ロイター通信が同軍の声明を引用して報じた。

    スプートニク日本

    これにより、2014年8月から2017年6月までの期間、有志連合軍がシリアおよびイラク領内で行った空爆による民間人の死者の数は685人になった。

    ロイター通信によれば、この数値は今年7月に調査されたもの。

    これより前、シリア北部ラッカで、米主導の有志連合による空爆で78人が死亡したとシリア国営サナ通信が伝えた。

    また、シリアは、同国で活動する米軍主導の有志連合を解散するよう国連安全保障理事会に呼びかけた。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント