12:59 2018年06月20日
災害・事故・事件

日本で殺人未遂事件 容疑者は猫

災害・事故・事件
短縮 URL
0 22

熊本県の女性(82)を襲った殺人未遂事件で、警察は野良猫を疑っている。ジャパントゥデイが報じた。

スプートニク日本

家で顔におよそ20の傷を負った状態の松本眞弓子さんを、帰宅した娘が発見した。傷は主に浅いが、深いものもあるという。その時の様子としてその助成は発見したときに眞弓子さんのあごから上が血まみれで、何が起こったのかがわからなかったと述べた。

ジャパントゥデイによると、警察は殺人未遂事件として捜査を進めていたが、部屋が荒らされた様子もなく、誰かが家に侵入した跡も見つからなかった。

その後、警察は傷の様子が猫の爪による傷に似ていると気づいた。そしてつめ付近に松本眞弓子さんの血液成分が付着した猫が見つかった。血液は分析に送られ、検査中だ。

関連ニュース

「見たことないほど攻撃的な」怒り狂った5メートルのサメがオーストラリア漁師に襲いかかる【動画】

女性が犬に何度も噛み付く トロントの地下鉄【動画】

タグ
びっくり, ねこ, 事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント