03:13 2018年07月23日
イスラエル軍がミサイル攻撃の報復にガザを攻撃

イスラエル軍がミサイル攻撃の報復にガザを攻撃

© Sputnik / Andrei Stenin
災害・事故・事件
短縮 URL
0 16

イスラエル軍は12日未明、パレスチナ自治区ガザ地区からミサイルが発射されたことへの報復措置として、ガザ地区北部を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの陣地を攻撃した。イスラエル国防軍の広報部が明らかにした。

スプートニク日本

先に伝えられたところによると、ガザ地区からイスラエル南部アシュケロン市付近に向けて発射された地対地ミサイルが防空システムにより撃墜された。

イスラエル軍は「イスラエル軍の戦車と空軍機は報復としてガザ地区南部のテロ組織ハマスに所属する警備所を攻撃した」と発表している。

イスラエルは砲撃に対する責任はガザ地区のイスラム教組織ハマスにあるとしており、 2014年秋より発効の停戦合意にあるパレスチナ側のすべての順守項目を守るよう要求している。

タグ
戦争・紛争・対立・外交, パレスチナ, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント