17:53 2018年10月17日
銃撃戦の工場 特務部隊が急襲

銃撃戦の工場 特務部隊が急襲

© Sputnik / Evgenya Novozhenina
災害・事故・事件
短縮 URL
0 51

内務省モスクワ支部のユーリ・チトフ広報官は記者団に対して、元経営者が発砲事件を起こした「メニシェヴィク」工場に警察が急襲をかけたことを明らかにした。

スプートニク日本

チトフ広報官は「工場内部に急襲部隊がいる。ロシア親衛隊と警察が建物内に入り、容疑者の捜索を行っている」と語っている。現場にはすでに多数のパトカーと救急車が急行している。

UPD. 治安維持機関内の情報筋によれば、元経営者で発砲を行ったとみられるイリヤー・アヴェリヤノフ容疑者はまだ発見されておらず、特殊部隊は工場敷地内をくまなく捜索している。治安維持機関は、アヴェリヤノフ容疑者は敷地の外にはでていないとみている。捜査はモスクワ市警のオレグ・バラノフ署長によって率いられている。

先に報じられたロシア捜査委員会のモスクワ当局の発表によると、事件を起こしたのは工場の元経営者で、現在の経営幹部と「口論」になった結果、発砲に至った。男は、工場を「取り上げられ」、破産させられたと主張している

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント