22:26 2018年07月23日
中国沖で炎上のタンカー沈没、大量の油流出

中国沖で炎上のタンカー沈没、大量の油流出

© AP Photo / China's Ministry of Transport
災害・事故・事件
短縮 URL
218

6日夜に東シナ海で香港船籍の貨物船と衝突し、14日に沈没したイラン企業が所有する石油タンカーから原油が流出した。少なくとも10平方キロメートルの海面が汚染された。国営の中国中央電視台(CCTV)が報じた。

スプートニク日本

CCTVは「タンカーは完全に沈没した。海面には船の残骸と、依然として燃え続ける流出した油だけが見える。原油によって10平方キロメートルにおよぶ海面が汚染された。2日前の汚染範囲は3平方キロメートルだけだった。原油流出の状況は極めて深刻だ」と伝えた。

中国の専門家はすでに、タンカーに積まれていた原油の一種である「コンデンセート」が東シナ海の環境に脅威を及ぼすおそれがあると警告する。

衝突の原因は依然としてわかっていない。

関連ニュース

東シナ海で炎上のタンカー全乗組員の死亡確認

タグ
事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント