05:47 2018年08月18日
アラスカ地震 沿岸部での「ビッグ・ウエイブ(津波)」の発生予測マップが発表

アラスカ地震 沿岸部での「ビッグ・ウエイブ(津波)」の発生予測マップが発表

© Sputnik / Alexander Liskin
災害・事故・事件
短縮 URL
0 30

米津波警報センターがアラスカで起きた大型地震後、発生しうる津波の地図を発表し、警戒を呼び掛けている。

スプートニク日本

津波警報マップでは、「ビッグ・ウェイブ」(津波)は 地震発生の4ー6時間後にはカリフォルニア沿岸部およびハワイ諸島にまで到達し、日本の太平洋岸側には6-9時間後に、さらに12時間後にはパプアニューギニアおよび豪州に、また15時間後にはニュージーランド北部に到達する恐れがある。

​これまでの発表では、最初に津波が発生する恐れがあるのはアラスカ南岸部のコディアック島で、現地時刻で1時45分(日本時間19時45分)。

22日、米アラスカ州沿岸部でマグニチュード8.2の強い揺れが観測された。

タグ
津波, 事件, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント