14:58 2018年10月19日
ウーバーの自動運転車

ウーバーの自動運転車、米で歩行者を撥ねる 初の死亡事故

© AP Photo / Gene J. Puskar
災害・事故・事件
短縮 URL
115

ウーバー社の自動運転車が米アリゾナ州で女性1人を撥ねて死亡させた。19日、ニューヨーク・タイムズ紙が伝えた。

スプートニク日本

事故はテンピ市で発生。自動運転車が関わった事故の結果、歩行者が死亡した初の知られたケースとなった。交通事故時、ボルボブランドの自動運転ジープの客席には運転手がいたが、車は自動運転モードで作動していた。

同紙によると、ウーバーでは既に、試験の一時停止について発表している。

一方、警察は交通事故でのウーバー車の責任を発見しなかったと、「San Francisco Chronicle」紙は伝えている。

テンピ市のモイル警察長は、「(自転車に乗った)彼女が物陰から直接路上に飛び出したことに基づけば、自動運転だろうが、運転手を伴っていようが、どのようなモードでもこの衝突を回避することが非常に難しかったであろうことははっきりしている。私は予備的に、恐らくこの事故でウーバーに責任はないだろうと予想している」と述べた。

警察長の話では、カメラも、試験中の車の運転席に座っていた人も、衝突の瞬間まで自転車を察知できなかった。特に、運転手は、衝突の音を聞いて初めて、衝突が起こったことを理解した。カメラを2つ装備した車も、ブレーキをかける試みを実行しなかった。車は、速度制限が時速35マイルのゾーンで時速38マイル(時速61キロ)のスピードで進んでいた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント