21:04 2018年05月20日
東京+ 17°C
モスクワ+ 10°C
    ロシア外務省

    ロシア外務省の職員が建物から避難 爆発の恐れで

    © Sputnik / Valeriy Shustov
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    1010

    モスクワ中心部にあるロシア外務省から40人以上の職員が爆発予告の情報で避難された。19日、ロシアのマスコミが緊急サービス内の消息筋からの情報として報じた。

    スプートニク日本

    「モスクワ中心部にあるロシア外務省から約44人が爆発予告の情報で避難された」とマスコミの消息筋が伝えた。ロシア外務省はその報道を確認した。

    爆破予告の電話をかけた人物は不明。

    「電話テロ」の波はロシア全土で去年、9月11日に始まり、今日に至るまで続いている。ロシアでは爆発物を仕掛けたという電話が相次ぐようになり、2カ月の間に186都市で230万人以上が避難した。うちモスクワで避難したのは25万人超。

    なおこの爆破予告も偽物であったと確認された。

    タグ
    事件, ロシア外務省, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント