07:40 2018年11月21日
クリル諸島のエベコ山、2.5キロの高さに火山灰を噴出

クリル諸島のエベコ山、2.5キロの高さに火山灰を噴出

© Flickr/ Kirill ΞΚ Voloshin
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0

クリル諸島の幌筵島にあるエベコ火山(1156メートル)が14日、火山灰の柱を最大で海抜2.5キロの高さまで噴出させたと、カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。

スプートニク日本

学者らの発表では、「火山灰プルームは火山の南西に向かって流れている」と述べられている。

噴出は繰り返される可能性があり、オレンジの危険レベルが発表されている。火山の活動は低い高度を飛ぶ飛行機やセベロクリリスクの空港の働きに影響する可能性があると、学者らは指摘している。

セベロクリリスクの北西7キロに位置するエベコ火山は、2016年11月に活動を始め、それ以来、定期的に火山灰を噴出している。

火山関連ニュースはこちら

タグ
火山, クリル諸島, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント