13:56 2018年07月18日
火山(アーカイブ)

カムチャツカでクリュチェフスキー火山が噴火、火山灰の高さは7.5キロに

© AP Photo / Bullit Marquez
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0

ユーラシアで最も活動性の高い活火山の一つカムチャツカのクリュチェフスキー火山は海抜7500メートルの高さの噴煙を吹き上げた。ロシア科学アカデミー地球物理学科カムチャツカ支部が明かした。

スプートニク日本

噴煙は火山の北東方向に拡がっているという。その通り道にある居住区には灰の雲は拡がっておらず、降灰も記録されていない。

クリュチェフスキー火山は4月25日に噴火を開始している。

火山関連ニュースはこちら

タグ
火山, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント