08:15 2018年12月11日
「一帯一路」プロジェクトに関する会談(アーカイブ写真)

中国、「一帯一路」プロジェクトをスパイ活動のために利用としているとして非難される

© Sputnik / Алексей Никольский
災害・事故・事件
短縮 URL
0 16

米国のネットワーク・セキュリティ企業FireEyeは、中国が他国の企業や政府に対してスパイ活動をするために「一帯一路」プロジェクトを利用しているとの報告書を発表した。

スプートニク日本

ファイナンシャル・タイムズ紙によると、ベラルーシ、モルディブ、カンボジア、また欧州の外相、非営利団体などが中国のハッカーらの攻撃対象に含まれている。

FireEyeのサンドラ・ジョイス副社長は「彼らは、彼らにとって大金が危険にさらされていたり、(中国)の将来的なプロジェクトに影響を与えるかもしれない政策が実施されている国に関心を持っていることが明らかとなった」と発表した。ファイナンシャル・タイムズ紙が伝えた。

報告書では、マレーシアに対するサイバー攻撃の危険性が大幅に高まったと主張されている。最近マレーシアのマハティール・モハマド首相は、中国のインフラ・メガプロジェクトを批判した。

FireEyeによると、中国のハッカー集団Temp.Toucanは、すでにマレーシアの国営企業及び民間企業のセキュリティ突破を試みた。

またハッカー集団Roaming Tigerも、中国がベラルーシ当局と一緒に欧州最大の工業団地「グレートストーン」建設しているベラルーシの施設を攻撃した。

関連ニュース・記事

タグ
びっくり, ハッカー, 事件, 戦争・紛争・対立・外交, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント