19:54 2020年08月06日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 20
でフォローする

アフガニスタンの情報機関「国家保安局(NDS)」は26日、同国の過激派組織「ダーイシュ(IS)」第4代指導者のサード・アルハービー容疑者が、25日に行われた米軍およびアフガン軍による合同空爆作戦の結果、死亡したとの声明を出した。日本のメディアが報じた。

スプートニク日本

アルハービー容疑者は、昨年7月に行われた合同軍事作戦によるIS元幹部アブドル・ハシブ氏の殺害後ににトップに就任したとされる。

アフガンではタリバンやISによる教育施設を標的とした攻撃が多数発生している。15日にはアフガニスタンの首都カブールの小学校で自爆テロが発生し、48人が死亡、67人が負傷した。

関連ニュース

米、アフガン軍による同国全土の支配支援計画を放棄=NYタイムズ

米国務省 米国はロシアにより一層のアフガン支援を望む

タグ
ダーイシュ, アフガニスタン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント