19:30 2018年10月18日
イラク(アーカイブ写真)

イラクで2万7000人が飲料水で中毒に=マスコミ

© REUTERS / Alaa Al-Marjani
災害・事故・事件
短縮 URL
106

イラク南部バスラで、少なくとも2万7000人が飲料水による中毒になった。アルスマリアTVが、イラクのハサン・アル=カアビ第1副議長の声明をもとに報じた。

スプートニク日本

先に、バスラ市保健局のリヤド・アブド・アル=アミール局長は、被害者は1万4000人だと発表していた。

アル=カアビ第1副議長は「バスラ県で2万7000人が汚染水の被害を受けたのは、深刻な減少だ」と述べた。

同氏は、バスラ県への投資、石油以外の資源探査の必要性を主張し、同県の住民のために雇用を創出するよう呼びかけた。

関連ニュース

チリ 有毒ガス雲の発生で100人以上が中毒症状を訴え

韓国に住む男性、寿司レストランで中毒後に腕を切断

タグ
事故, 事件, イラク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント