01:30 2018年12月11日
米国のステルス戦闘機F-35B(アーカイブ写真)

米国の最新ステルス戦闘機F-35Bがサウスカロライナ州で大破【写真】

CC BY-SA 2.0 / Airwolfhound / F-35B Lightning II - RIAT 2016
災害・事故・事件
短縮 URL
0 124

米国のステルス戦闘機F-35Bがサウスカロライナ州で大破した。ビューフォート郡の保安官の話ではパイロットは緊急脱出を行った。CNNテレビは大破したのが第5世代戦闘機のF-35Bであったことを確認した。

スプートニク日本

CBSテレビによれば、F-35B戦闘機の事故はこれが初めてのケース。

ビューフォート郡の保安官はツィッターに次のように書いている。「午前11時45分頃(日本時間29日午前0時45分頃)グレイスヒル地区のクラレンドンロードとジョー・アレンドライブの付近で航空機事故があったとの通報があった。軍部はこれが軍用機であったことを認めた。」

保安官は、パイロットは「無事、緊急脱出に成功」し、現在、医師の診断を受けていることを明らかにしている。

​27日、ロイター通信によると、米国がF35戦闘機を実戦で初めて使用していた。

初めて実戦で使用された機体は、アラビア海上の米強襲揚陸艦「エセックス」から飛び立ち、アフガニスタン領内にあるタリバン関連の目標を破壊した。

28日、米国防総省とロッキードマーティン社はF-35の派生型の11度目の供給契約を結んでいた。

F35は、ロッキード・マーチン社によって開発された第5世代戦闘機で、米空軍は2016年から運用している。2020年までに、11カ国の軍に納入される同様のタイプの戦闘機を3千機超製造する計画。

2018年5月には、F35の初の出撃をイスラエルが発表している。

関連ニュース

日本でのF-35B垂直着陸が撮影される

F-35、空中給油を失敗【動画】

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント