13:50 2018年11月18日
トルコにあるサウジアラビア領事館

サウジ記者失踪の容疑者、交通事故で死亡

© AFP 2018 / Ozan Kose
災害・事故・事件
短縮 URL
11127

トルコが、イスタンブールのサウジアラビア大使館でのカショギ記者失踪事件の関与を疑っていた メシャル・サアド・アルボスタニ 容疑者が 、サウジ首都リヤドの交通事故で死亡した。 トルコの新暁新聞が報じた。複数の報道によると、 アルボスタニ容疑者は 失踪した ワシントン・ポスト紙 のジャマル・カショギ記者がサウジアラビア領事館を訪れた時に現場にいた。

スプートニク日本

アルボスタニ容疑者はカショギ記者失踪事件当時、領事館内にいて、かつトルコから 事件の関与が疑われている15人のうちの1人。アルボスタニ容疑者は2日、カショギ氏が領事館に入り、行方不明になったその日にトルコを出国していた。

報道によると、トルコは、カショギ氏は領事館で殺害されたと疑っており、トルコ警察はすでに領事館の建物と総領事の家を家宅捜査している。これに対してサウジアラビアは全面的に疑惑を否定している。

サウジアラビアは米国に最も親しい同盟国の1つであることから、カショギ記者の失踪で米国は厄介な立場に立たされている。

トランプ米大統領はすでに、カショギ記者を巡る暗い話に毅然とした反応を行っていないとして批判を受けている。

これに対しトランプ氏は、この失踪事件でサウジアラビアを庇うつもりは毛頭なく、ただ解明に取り組んでいるだけだと主張している。

米国はトルコに対し、行方不明のカショギ記者がサウジ領事館で殺害された証拠になり得る音声録音を提供するよう要請した。

関連ニュース

行方不明のサウジ記者、殺害時に自ら録音か

サウジ総領事 記者失踪で立ち入り検査が発表後、トルコを出国

タグ
事故, 事件, サウジアラビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント