04:53 2018年11月16日
米シナゴーグ襲撃

米シナゴーグ襲撃 11人死亡 容疑者には死刑が言い渡される可能性がある

© AP Photo / Gene J. Puskar
災害・事故・事件
短縮 URL
0 13

米ペンシルベニア州ピッツバーグのシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝所)を襲撃した容疑者は、死刑になる可能性がある罪状で起訴される。ジェフ・セッションズ米司法長官が記者団に明らかにした。事件では11人が死亡した。

スプートニク日本

報道によると、27日午前、容疑者は信者らが集まったシナゴーグに押し入り、反ユダヤ主義のスローガンを叫びながら発砲、警察が到着し、銃撃戦となった。結果、11人が死亡し、警察官4人を含む6人が負傷した。

​米メディアによると、ロバート・バウアーズ容疑者(48)のSNSは、容疑者がナチスやアドルフヒトラーの支持者であることを示している。また報道によると、容疑者は、トランプ米大統領がユダヤ人の支配下にあると考えており、トランプ氏を嫌っているという。

関連ニュース

米シナゴーグで発砲 少なくとも8人死亡

タグ
発砲, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント