09:34 2018年11月18日
露捜査委、連邦保安庁支部の建物での爆発をテロと認定【写真】

露捜査委、連邦保安庁支部の建物での爆発をテロと認定【写真】

© Sputnik / Vladimir Trefilov
災害・事故・事件
短縮 URL
0 06

ロシア北西部アルハンゲリスクにある連邦保安庁(FSB)アルハンゲリスク州支部の建物で発生した爆発を受け、テロ行為の容疑で立件がなされたと、同国捜査委員会がワッツアップで明らかにしている。

スプートニク日本

これに先立ち、国家反テロ委員会が、FSBの建物の入り口付近で爆発が起きたと発表していた。FSBの職員3人が負傷し、爆発を発生させたとみられる男は爆発によって受けた傷がもとで死亡した。

捜査委員会はワッツアップ上で、FSBアルハンゲリスク州支部の建物の入り口で爆弾を爆発させた17歳のテロリストの写真を公表。写真には、ジャンパーを着て両手でリュックサックを持っている若い男が写っている。

「テロ行為」と「弾薬の不法所持」の容疑で既に立件がなされている。

タグ
テロ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント