20:57 2018年11月17日
ウクライナ、ドネツク

ドネツク人民共和国、ウクライナ治安国防関係者が化学物質用いた挑発準備と非難

© AP Photo / Mstyslav Chernov
災害・事故・事件
短縮 URL
106

ウクライナからの独立を一方的に宣言したドネツク人民共和国の人民警察局のダニール・ベズソノフ広報担当部長は、ウクライナの治安・国防関係省庁職員が共和国での選挙妨害のため、化学物質を用いた挑発行為を準備していると主張した。

スプートニク日本

ベズソノフ氏は、ドンバスに駐留するウクライナ軍が「緊急で放射化学そして生物学的防護剤を補充している」と述べる。

「私たちは犯罪防止の目的で国際社会に呼びかける」

ウクライナから独立を宣言したドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の指導者と「議員」の選挙は11日に予定している。ウクライナ政府は、選挙を認めないと反発している。

ドネツク人民共和国のリーダーのアレクサンドル・ザハルチェンコ氏は8月31日、ドネツク市の中心部にあるカフェの爆発テロで暗殺された。

逮捕されたテロ容疑者らは、キエフ当局が暗殺に関与していた事実を認めている。これに対しウクライナ安全保障庁はテロ関与を否定し、独自の真相見解を発表した。

関連ニュース

EUはドネツク指導者暗殺に遺憾表明さえない 露上院が非難

ドネツク人民共和国の指導者「殺害捜査で1人拘束」=指導者代行

タグ
化学兵器, 武器・兵器, 事件, 事故, ドンバス, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント