03:20 2018年12月18日
地震計(アーカイブ)

米アラスカ州で強い地震の後も40回の余震が続く【動画・写真】

© AP Photo / Irwin Fedriansyah
災害・事故・事件
短縮 URL
210

米アラスカ州アンカレッジ付近では1日夜にマグニチュード7の地震が発生した後、約40回の余震が観測された。米地質調査所が発表した。

スプートニク日本

余震で最も強いマグニチュード5の揺れは最初の地震がおきてから約3時間後に起きている。専門家はアンカレッジ周辺では強度のものも含め余震が続く恐れがあるとして警戒を呼びかけている。

​マグニチュード7の地震が発生したのは1日午前2時29分、震源地はアンカレッジから北へ13キロの地点。震源の深さは約40キロ。

​地震関連ニュースはこちら

タグ
地震, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント