18:13 2019年02月22日
フェイスブック

フェイスブックの個人情報流出問題 米連邦取引委員会が調査

© REUTERS / Dado Ruvic
災害・事故・事件
短縮 URL
130

米連邦取引委員会(FTC)は、米フェイスブック社がマーケティングを利用目的とする第三者にユーザ情報を流出させた問題で調査を進めている。米ワシントン・ポスト紙が18日、明らかにした。

スプートニク日本

米フェイスブック社の個人情報漏えいについて、FTC、米司法省、米連邦捜査局、米証券取引委員会などの機関が調査を進めている。同社に対しては、約8700万人分の個人データをケンブリッジ・アナリティカ社(英政治コンサルティング会社)に流出させた問題で厳しい批判の声が上がっている。

米ワシントン・ポスト紙によると、ソーシャルメディアにおけるプライバシーの保護について定めた2011年のFTCの同意審決にフェイスブックが違反していたことが確認されれば、同社に対して少なくとも2250万ドルの罰金が課される。

個人情報流出が発覚したのは昨年3月。ケンブリッジ・アナリティカ社に流出したフェイスブックのユーザ情報が2016年の米大統領選の工作活動に使われたとされている。

関連ニュース

日本、フェイスブックに行政指導 個人情報保護強化求める

フェイスブック、ユーザーに新たなプライバシー管理手段提供へ

タグ
事故, 事件, facebook, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント